「わからなかった」(高校生男子、中学2年生より不登校を経験) 

(高校生男子、中学2年生より不登校を経験)
 

 私は、自分が不登校であった理由がはっきりとはわかりません。

 私はいじめを受けたこともなく、友達が少ない方でもないので、ならばそれはただの勝手ではないかとも思います。ですが、それだとすべての子供が不登校でしょうから、私はその場の環境ではなく、私自身の心によって、学校に行けなくなったのだろうと思います。

 それまでの私は、親の言ったことを素直に聞けない聞き分けの悪い子供で、自分がこうだと思ったことをすぐには曲げられず、その度に傷ついていました。そういうことが受け入れられない私の性格によって、少しずつ自信を失ってきたことが、私が不登校になった理由なのかもしれません。

 不登校だった私のことを、両親はかなり心配してくれて、よく何があったのかと聞いてくれました。しかし、私は「わからない」とか、「勉強が嫌だから」などと、まるで言い訳のようなことを言っていました。

 でもその時の私にとって、学校に行けなくなった理由とは、まさに「わからない」ということが最も正確な答えだったので、仕方がないかなと思います。

 両親と、また兄に感謝していることは、私が不登校であることに冷静でいてくれたことです。おかげで、私は両親と兄と同じ時間を共有することが平然としてできたからです。

また、そのおかげで私は、親離れしたいと思うようになり、それが日生学園に入るきっかけになったと思っています。

あわせて読みたい