「公立中へ転校したものの」中2から不登校(男子)

小学校6年生の頃、僕は中学受験をするために、毎晩夜遅くまで勉強をしていました。そのストレスからか毎日のように親と喧嘩をしていました。そんな状況ですから当然、私立中学校の受験にも失敗してしまいました。その後も時々ですが親に反発して喧嘩をしていました。今思えば思春期の真っ盛りで、反抗期だったのかなと思います。

僕が不登校になったのは、中学2年生の頃です。理由はよくわかりませんが、

学校のことを考えるとストレスからか体調を崩すようになりました。

学校を休むと友達がたまに会いに来てくれて、一緒に遊んでは楽しく会話をしていたのですが、一度学校を休むとどうしても学校に行こうとは思えないようになっていました。親は僕が学校に行けないことを理解してくれず、学校に行くことを強要しました。この時期が一番苦しかったです。

友達もいて楽しいのに、学校に行けない自分がいました。今考えても何で学校に行けなかったのかが分りません。そこで親が考えたのは、他の公立中学校への転校です。

心機一転して転校しましたが、やはり学校に行くことはできませんでした。

中学校3年生となり、高校受験のことを考える時期になりました。僕は中学校には行けませんでしたが、高校へ行って大学に進学したいという強い気持ちがありました。そんなときに母が全寮制高校を紹介してくれました。

「こんな学校があるけど一度見学に行ってみる?」と聞かれ、最初は全寮制寮の学校と言うことで不安があったのですが、とりあえず行くことにしました。オープンキャンパスでは、僕と同じように中学時代に不登校を経験した先輩が付いてくれていろんな話をしてくれました。とても親切で優しい先輩に出会い、ここでならやり直しをすることが出来るかもしれないと思って、思い切って入学することを決意しました。

最初のうちは慣れないこともありましたが、今では友達もできて毎日楽しく過ごせています。学年も高校2年生になり、大学受験に向けての意欲も湧いてきました。部活もバスケット部のレギュラーとなって頑張っています。反抗ばかりしていた親に対しては、今では申し訳なく思っています。先日の試合では、頑張っている自分の姿を見せることが出来ました。中学時代に迷惑を掛けた分、今度は恩返しをします。

(高校2年生男子)

あわせて読みたい